ニキビに悩まされた時代

中学生の頃から、ポツポツとニキビができ始め高校生の頃には顔に小豆をつけて歩いているようにニキビが花盛りになりました。ニキビを触ってはいけない。潰すのはもっての外と分かっているのですが、どうしても触ってしまいました。

モイスポイントの効果を辛口評価!

洗顔して、ニキビ用の軟膏を塗っていましたがそのくらいでは治りません。だんだんひどくなっていきました。若かったけれど、洗顔後顔がとてもツッパリます。化粧水をつけ始めます。雑誌で見たいろんな化粧水を試しました。ツッパリにもニキビにも効く化粧水は、その頃ではコーセーの雪肌精とアルビオンのスキンコンディショナーだったように思います。しかしながら、中年、高校生のお財布には厳しいものがありました。

その頃にはまだ効果的なサプリメントなんてありませんから、ビタミン剤を愛用していました。しかし、花盛りのニキビは治らないですよ。いろんな化粧品を試しました。雑誌に、効くと書いてあるコスメは使ってみました。この頃から、自分の肌の状態と向き合う習慣ができていたので良かったと思います。その時の肌の状態と向き合うことが大切です。何才になっても肌のコンディションを良いものに保ちたいものです。

フェイスラインにニキビができてしまった

最近、顎のあたりにニキビができてしまい、それが気になって、つい触ってしまいます。

ですが、触ることは良くないので、テープを貼ることにしました。

おそらくフェイスラインなので、大人ニキビなのだと思います。

顔の隅までスキンケアをやっているつもりでしたが、それでも顎のあたりは冷えて、血行が悪くなっていたようです。

http://www.blacksheepsnackbar.com/

今は毎日マスクをしているので、昨年の冬よりは大人ニキビになりにくくなっています。

保湿効果もあるので、マスクの使用は大人ニキビ対策としてメリットがあるようです。

ですが、蒸れてしまい、逆に不衛生になり、吹き出物が出来てしまうことがあるのかもしれません。

ニキビ以外でも口の周りや目頭の辺りの肌がかさつくようになりました。

特に寒くなって気温が下がると症状が出やすいようです。

さらに乾燥がプラスすると、肌荒れが起こってしまいます。

最近はエアコンの使用を止めたことで、かなり乾燥対策になっています。

ですが、寒さは同じなので、乾燥以外の肌荒れが起こってしまうようです。 

冬は何かと肌トラブルが起こりやすい季節です。

なので、こまめに保湿クリームを付けています。

それでも肌の状態が良くならない時は、皮膚科で処方された薬を付けるようにしています。

ですが、なるべく薬の使用は少なくして、普段のスキンケアで対応したいと思っています。

開き毛穴のケアがしたいなら水で顔を洗ってみよう

女性なら一度は悩む事がある開き毛穴、皆さんはこの肌のトラブルをどのようにケアしていますか。大抵の人は毛穴が気になったらパックシートやクレイジングオイルで皮脂汚れや角栓を落とがちですが、実はこの方法は逆効果だったりします。ラントゥルースは販売店で市販されている?

勿論肌の汚れはニキビを生み出す原因にも成り得るため、落とすのは間違っていません。しかし「開いた毛穴が引き締まるか」といったら話は変わります。パックシートやクレイジングオイルで毛穴に詰まった皮脂汚れや角栓を取り除けばスッキリするものの、結局それはまた汚れがたまりやすい状態にしただけです。これを繰り返すとますます毛穴は大きくなり、目立つようになっていきます。

この悪循環を断ち切る方法はまずパックシートやクレイジングオイルでのケアは止め、水で顔を洗うようにしましょう。洗顔料は使わない事を推奨します。その理由は簡単で、水の冷たさによって毛穴が引き締まるからです。

しかし今度は「水だけで汚れが十分に取れるのか、気になる」という人がいるかもしれませんが、問題ありません。顔の汚れは水だけで洗い落とせるものだし、洗顔料を使って洗い落としたら肌のバリア機能でもある皮脂までも取ってしまい、結果乾燥肌になってしまう恐れがあります。そのリスクを踏まえれば水で顔を洗ってみるべきです。

脂性肌だと思っていたけれど、実は乾燥肌でした

わたしはずっと肌のベタつきに悩んでいました。
午前中にはベタついてテカリが気になり、化粧直しをたくさんすると厚塗り感がでたり悪循環なのです。
肌に悩みがあると人前でうまく笑えなかったり、わたしなんかと気分が落ち込んだりしますよね。

チェルラーブリリオ

少しでも良くなるように洗顔をしっかり行い、化粧水と乳液はさっぱりタイプのものを使い、化粧品も皮脂を防ぐもので完全防御のつもりでした。
しかし、皮脂は多少落ち着くけれど毛穴が開いて見えたり、余計にコンプレックスに。
毛穴の黒ずみも目立ち始めました。

肌があまり綺麗ではないのでスキンケアにはお金を注ぎ込んでおり、基礎化粧品はデパコスで揃えていたのですが、コロナウイルスの影響で買いに行くことが出来ずに、仕方なく近所のドラッグストアで購入することに。
どれがいいかも分からず、とりあえず手にしたトライアルのスキンケアセットか保湿系の商品でしたが、数日の間だけなら安いしいいやと気軽な気持ちで購入することに。

翌朝起きてびっくり。
いつも朝は顔がベタついていたのですが、肌のベタつきがゼロなのです。
気になっていたけれど毛穴も保湿されてかふっくら目立たずいつもよりなめらかに。
気になりネットで調べてみると、乾燥からくる脂性肌もあるとのことで、まさにわたしはそれだったんだと気付きました。

それから保湿重視のスキンケアに変えましたが、毛穴の開きも黒ずみもましになって来たように感じます。
肌の悩みがある方は、一度スキンケアの見直しをしてみるのもコンプレックス解消の手かもしれませんね。

治らないニキビ肌・毛穴の黒ずみ

 10代のころから、ニキビ肌と毛穴の黒ずみに悩んでいます。http://www.diadeloshumedales.com/

 気にするようになったのは小学生の頃からでした。顔になにかできものがある?と思っていたのがニキビで、はじめこそ放っておけばそのうち治るだろうと放置していましたが、治るどころかだんだん数が増えていき、顔中ニキビだらけになってしまいました。

「ニキビを治すには清潔を保つのが大事」だと言われて、とにかく洗顔を小まめにし、市販の薬を塗って対処しました。しかし簡単に治るものではなく、我慢できず爪で潰してしまうことが多々ありました。その時の痕はいまだに残っています。大人になった今は多少落ち着きましたが、ストレスを多く感じることがあるとおでこの辺りにブツブツと出てきてしまいます。

 毛穴の黒ずみは中学に上がってから気になるようになりました。もともと顔に油が浮きやすい体質のようで、特に鼻のあたりがテカってしまって恥ずかしかったのを覚えています。それのせいもあり毛穴が詰まって、黒ずみになってしまいました。

こちらも小まめに洗顔したり、専用のパックを試したりしましたが、ほとんど効果がありませんでした。元は鼻の部分だけだったのが、20代になった今は頬のあたりまで広がってきてしまいました。お店でよさそうな商品を買っていろいろ試していますが、なかなか効果が表れず、悩んでいます。

背中ニキビとの闘い

私は、以前から背中のニキビに悩まされています。

私は現在33才です。

アスハダの効果と私の口コミ!

この背中ニキビ、おそらく20代の後半から増え始めたと思います。

当時の私は背中ニキビを全く気にしていませんでしたが、いつの間にか背中全体を覆うほどにニキビが増えていたのです。

今思うと、背中ニキビの原因になることをたくさんしていたように思います。

お風呂で背中を洗う時は力を入れてゴシゴシ強く洗ったり、入浴後に保湿をしなかったり、1週間くらい同じバスタオルで入浴後の身体を拭いていたことなどが背中ニキビの原因になっていたと思います。

背中は普段他人に見せることがないので、多少ニキビがあってもいいかと思ってはいましたが、さすがにニキビの数が多すぎるのでスキンケアを始めました。

入浴後は清潔なタオルで身体を拭くようにし、化粧水と乳液で保湿するよう心がけました。

ネットでミョウバンを水に溶かし背中にスプレーすると良いという情報を見かけ、早速実践しました。

このミョウバン水、私の背中ニキビには、なかなかの効果を発揮してくれて、ニキビの増加は止まりました。

市販の背中ニキビ用の薬もかなりの効果がありましたがミョウバン水は、

価格が市販薬よりもはるかに安い事が魅力です。

背中ニキビの増加は止まりましたが、私の背中にはニキビ跡がたくさん残っています。

今後は、このニキビ跡を少しずつ消していくことが目標です。

私の背中ニキビとの闘いは、まだまだ続きそうです。

10代~20代こそこまめなお手入れが超重要

私は思春期の学生時代からにきびなどの吹き出物によく悩まされてきました。
ととのうみすと

毎日洗顔もしっかりしているのに、なぜか肌の調子が良くならない!正直自分の顔が好きになれない理由の一つだったわけですね。

親は「思春期だから仕方ない」とか、「歳を取れば自然と少なくなる」とか言ってくれるのですが、自分的には今すぐ消したい気持ちでした(笑)

ともあれ、そんなふうに悩んでいる人は自分以外にも絶対に居るはず。

歳を取れば少なくなるというのは事実で、実際に10代の頃に比べて20代となった今ではだいぶ落ち着き、殆どなくなりました。しかし気を抜くとまたキノコみたいに生えてきますが…毎日の洗顔に加え、保湿もすることで綺麗に治すことができ、肌のお手入れの差でここまで影響が出るのかと日々驚いています。

今でこそそうして軽い悩みで済ませていますが、ニキビがひどくならなかったのは10代の頃にしっかり洗顔をしていたからです。無理につぶしたり放っておくと後が残ったり傷になったりと、更なる悩みを引き起こしていたことと思います。

これを見ている肌の吹き出物に悩む若い世代の皆さんも、日ごろからのお手入れを欠かさずに、面倒くさくても未来のために頑張ることをおすすめいたします。

男性もスキンケア

学生の頃や大人になって最近まで、ニキビで悩んでいました。

みなさんの中には人よりも肌が荒れやすかったり、ニキビができやすい体質の方もいらっしゃると思います。

今回は男性のスキンケアについてです。

男性のみなさん、スキンケアはしていますか?

少し前から「美容男子」のような言葉が生まれだした通り、男性のスキンケアが広がりつつあります。

とはいえまだまだ気にしていない方も多いはず。

実は肌がキレイな人は、それだけで仕事ができる人と見られることが、ある研究でも分かっているんです。

http://www.helenmasacz.com/

つまり、スキンケアをせずに肌が汚いままでいると、仕事において自分の実際の能力よりも相手は自分のことを低く見積もってしまうかもしれないということです。

朝起きて顔を洗った後の数分間、お風呂から上がった後の数分間に化粧水や乳液などで軽くスキンケアをするだけで今よりも肌がきれいになり、さらに会社での評価が上がる可能性があるのです。

「今は若いからいいや~」と思っているみなさん。

年齢による「お肌の下り坂」は急に始まります。

今のうちからコツコツとスキンケアをしておくことによって、年齢による肌の劣化の速度を遅くすることができていつまでも若々しくいることができます。

ぜひこの機会にスキンケアを始めましょう。

マスクのせいで大人ニキビが悪化しました

昨今のコロナ禍になってからというもの、外出時は常にマスクを着用することが習慣になっていますが、そのために大人ニキビが増えてしまい、悩んでいます。http://www.securite-privee.org/

というのも、もともと私はニキビ肌体質で、思春期の頃には顔中にニキビが出来てしまい、潰したせいで赤ニキビや白ニキビが悪化し、見るも無惨な顔をしていたからです。

さすがに思春期の頃ほど爆発的にニキビが全体的に広がっているということはありませんが、それでもマスクの触れる口元や顎や小鼻の周りを中心にじわじわとニキビが増加の一途をたどっています。

おそらく原因は、マスクによって化粧汚れや汗や皮脂などがそのままマスクの中に溜まってしまい、アクネ菌のえさになっていることが考えられます。

とはいえ、これからもまだまだマスクをしないわけにはいかないでしょうし、まさかコロナ禍によって、お肌についても悩まされることになろうとは思いもしませんでした。ニキビ体質を変えるため、ビタミンをしっかりとったり、脂っこいものをなるべく控えるようにしたり、チョコレートやコーヒーといった刺激物はできるだけ避けて過ごしているのですが、期待したような効果はまだ出ていません。このままでは、私の顔はどうなってしまうのか、一生マスクでニキビを隠し続けていかなければならないのかと思うと、正直辛いです。

お肌の老化がはじまったのか

最近になって自分のお肌が老化してきているのではないかと感じることがあります。http://www.lobsterpierchester.com/

よく若い子の肌は水をはじくとか言いますよね。最近の自分の肌はそんな感じではないんですよね。見た感じも少しくすんできたというか、水分量が不足しているのかなと感じるような色合いなんです。

これが加齢に伴う劣化なのかなと少しショックを受けています。そしてそう思って、自分の肌をよくよく観察してみると、昔はなかったような小さなシミなんかが結構あるんですよね。若い時は海で日焼けをするのが好きだったのが悪かったのか、方の周りとか肘から先の部分にはそうしたシミが目立つようになってきました。

若い時に、お肌はこまめに手入れした方がいいよと言われていたことを、今になって実感する日々です。でもそんなことを言っても時間を戻すことはできませんし、今からでも対策を取らないといけないですよね。

お肌対策は年齢によって変わってくるといいますし、まずは自分の年齢に合った肌対策を検索する日々が続きそうです。

もちろんお金を出せばそれなりに効果のある化粧品などを買えるのでしょうが、そこまでの余裕はないので、日常の中で自分にできることを探すようにしています。もちろん化粧品も探すんですけどね。毎日の食事やお手入れだけでお肌バランスが変わってくる部分があるならすぐにでも実践したいですよね。

頬の大きなシミに悩まされています

私の左頬には直径1㎝ほどの大きなシミがあります。リキッドファンデーションやコンシーラーで隠すのも難しく、メイクをするたびに憂鬱になります。ポラッシュ

シミを消すために評判の良い美白美容液(プチプラ商品)も使用していますが、2年間使い続けてシミは僅かに薄くなった程度です。

やはり、お高いスキンケア商品の使用やレーザー治療でないと消せないレベルなのか…と分かってはいるのですが、シミ消し(スキンケア)にそこまでお金をかけることもできず、半ば諦めている状態です。

そもそも頬に大きなシミができた原因は、学生時代にスキンケア(特に日焼け止め)をしっかり行っていなかったからだと考えられます。

私は社会人になってから化粧を本格的に始めたので、20歳になったばかりの頃は化粧をあまりしていませんでした。同時に、当時のスキンケアは化粧水と乳液を洗顔後に塗る程度だったのです。夏場には日焼け止めを塗っていましたが、それ以外の季節は日焼けを気にもしていませんでした。

当時のズボラなスキンケアのせいで、現在こんなに苦しむことになろうとは…後悔してもしきれません。

とりあえず、今使っている美白美容液を根気よく使い続けようと思っています。年齢問わず、スキンケアは徹底すべきなのだと思います。

深夜の暴食によるニキビ

私の肌の悩みは、前日に食べたものが、翌日顔にニキビという形で現れることです。

レナセルクリアセラムを使用した私の口コミ!人気美容液の使い方や実際の効果

最初はニキビができやすい肌だと考えていました。

しかし、比較的治りが早いこと、できる頻度も不規則であることから原因が分かっていませんでした。

しかし、よくよく前日を思い出してみると、ファストフードやチョコレート、アイスクリームなど油分が多い食品をとっていることに気が付きました。

ニキビ肌に悩む人にとっては、深夜の暴飲暴食がもっての外であることは当たり前だろうと思いますし、こんなこと悩みじゃない!と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、私にとって週に何度かの自分へのごほうびとしての暴食タイムは、ストレスを発散する上での重要な時間なのです。

この時間を無くすことは私にとって大変なストレスである一方で、ニキビというのもまた、私自身に対してストレスを与えてくるというジレンマはとても苦しいものです。

さらには、友人の中には、何をしても肌なんて荒れたことがないという強者もいるものですから、つくづく肌のキレイさにも生まれ持った素質があるのだと思うと、悔しい気持ちになります。

自分の肌と付き合っていく上で、ニキビを発生させないためには、ストレスによる暴食を防ぐほかはありません。

しかし、ストレスというものは突然降りかかってくるもので、避けては通れないという側面もあるかと思います。

肌の悩みを解決するために、ストレス発散のため、「暴食」以外の選択肢が生まれることを願うばかりです。

しみ?そばかす?ほくろ?いったいどれ?

結婚、出産をして子供と一緒に公園など外に出る機会が増えてきたころ、夫に小さいそばかすが増えているという指摘を受けました。ビューティーオープナージェルの効果

私は元々ニキビ肌でニキビ跡もあったので前からだよと答えました。その時は全く気にしていなかったのですが、ある時、よく顔を見てみるとニキビ跡ではない小さなシミのようなものがたくさん出来ていました。あの時指摘されたのはこのことか!とそこで初めて納得し自分の肌の変化にも気が付きました。

それからも子供と公園やプールなどへも行き日に焼ける機会も多くなりどんどんと顔が汚くなり頬に大きなシミも出来てしまいました。

もちろん日焼け止めクリームや大きめの帽子も被ったりしていましたが、たいして役に立たず今に至ります。日焼け対策をしても限界があると思います。どうすることが一番良かったのか分かりませんが、今よく検索していることはシミ取りホクロ取りなどの美容クリニックです。

どれだけ変わるのか他人の変化などを見てすごいなぁ自分も変わりたいなと見ています。なるべく顔にある余計なものを薄くし切除できたらしてみたいと憧れを抱いています。若いころは若くいたいキレイでいたいと考えませんでした。もうすぐ40を迎えるからこそ感じることなのかもしれません。こんなことなら、もっと気にしていればよかったと思う毎日です。

脂性の肌荒れに悩む!

30代主婦です。
若いころから脂性で、ニキビに悩まされてきました。http://svepm2019.org/

学生の頃は、顔中にニキビができてしまい、化粧水や洗顔方法をいろいろ試してきました。

年齢を重ねるにつれ、ニキビはだいぶ減ってきたのですが、今でも、スナック菓子を食べすぎたり、不摂生をしてしまうと、翌朝顔にニキビ(吹き出物)ができていることが、よくあります。
また、脂性なので、朝起きた時、顔はべたついているし、日中も化粧が落ちやすくて困っています。

夏場はとくに最悪で、2時間ほどで、油が浮いてきて、すぐに化粧がよれたり、取れたりしてしまうのです。
そのたびに、油とり紙で、化粧直しをするのですが、やはりあまりうまくいかず悩んでいます。

化粧持ちがするように、化粧をキープできるスプレーをかったこともありますが、ほとんど効果を感じることができませんでした。
今、サービス業の受付をしており、身なりにはすごく気を使っています。

頻繁に化粧直しをすることは、なかなか難しいので、脂性を改善する化粧品を日々探しているところです。

スッキリタイプの化粧水を使っていると、部分的に乾燥したりもして、なかなか難しいのが現状です。

顔の部分で、使い分けをするなど、努力していきたいと思っています。

ニキビを作らない肌作り!気を付けるべき3つのポイント

ニキビが出来るとそれだけで憂鬱になりますよね。

「明日はせっかくのデートなのにニキビができてしまった…」

そんな経験がある人も多いのではないでしょうか。

私も以前は繰り返しできるニキビにとても悩んでいました。

ですが、現在は全くニキビのない状態を1年以上キープしています。

アスハダの効果

今回は、ニキビを作らない肌を作るために大切なことを3つご紹介します。

1.睡眠をしっかりとる

”美肌は夜作られる”とよく言いますよね。

睡眠中には、美肌を作るためのホルモンが分泌されています。

6~8時間は睡眠を取るようにしましょう。

寝る1時間前はスマホ、テレビなどの光を見ないことも大切です。

2.洗顔はたっぷりの泡で優しく洗う

顔を洗う時、ゴシゴシと洗っていませんか?

肌はとてもデリケートです。専用のネットを使い、ぬるま湯でたっぷりの泡をたて、顔を優しく包み込むように洗いましょう。

3.しっかり保湿をする

乾燥はニキビの大敵です。保湿がしっかりできていないと、「インナードライ」といった肌の内側が乾燥している状態になり、過剰に皮脂が分泌されニキビができる原因になってしまいます。

お風呂上りには、化粧水と乳液でたっぷりと保湿をしましょう。

今回はニキビを作らない肌を作るための3つのポイントをご紹介しました。

綺麗な肌で楽しい生活を送りましょう!

年齢とともに吹き出物の治りが悪くなる

年齢を重ねるごとに、夏に浴びた紫外線からの肌の悲鳴なのでしょうか、
秋口に定期的に大きな吹き出物が出てくるようになってきています。

http://www.albambank.com/

しかも今までも確かに、体調などで、吹き出物が出たりということはあったとはいえ、
最近のその秋口に出てくる吹き出物は、かなり大きくなってしまう特徴があり、何をやっても全く治ってくれないという厄介者。

夏にはあまり日焼けをしたり、紫外線を浴びないように気を付けてはいるものの、
毎年、季節の変わり目には同じような状況が起こってしまっています。

汗をかいたらすぐに拭くなど気を付けいていも、繰り返してしまう上に、
治りが悪いので、今度は、ニキビ跡としてかなり色素沈着してしまっていて、悪循環です。
一番いやだったのが、よく合う友達が気づいているのに、その吹き出物を見ないようにしてくれていたものの、
しばらくぶりにあった時にもまだ治っていなかったことがあって、
思わずその友達にも、
その吹き出物長いよね?しかも悪化してない?と、心配されてしまったこと。
心配はありがたいのですが、前から気づいてたんだなということと、やっぱ悪化してるんだなということを痛感した瞬間。

かなり目立っているんだなとショックでした。
気にし過ぎは一層よくないというので気にしないでいるのですが、毎回、季節の変わり目に
はぁーとため息をついています。

体質改善がものすごく望まれます

お肌のゴワゴワが気になって仕方がない何の因果かいま左の肘が真っ白すぎて腕まくりができない気がします。モイスポイントの効果

半年以上かけて悩んでいる右足のかゆみに続いて左腕のカサカサをどうにかしたいと考えています。白いのが広がっているのを見るときっと乾燥からくるものなのかなと思うのですが、環境からいったら右のほうがすれまくっているから悪いのに健康なのはどうしてなんでしょうか。細かく保湿クリームを塗って少しは改善されましたが一時しのぎだと思うのでこちらにも薬を活用してみようかなと考えています。

こんな小さなことで薬に頼るようになるとは自分もよく年を取ったなと感じています。すれて放置していたらかさぶたができてて丈夫になうかと考えていましたが、実際はよりひどくなった気がします。症状が出たら早めの対策がかなめなのかもしれません。

そもそも、体に不調がこないように体の内側のわからない不調からなくしていきたいので体の変調には機微に反応したいと思います。ヨーグルトパックって効くんでしょうか、スーパー銭湯に入って泥パックでも行ってみたいな、駅の近くで便利そうなのでと考えてるこの頃です。とにかく保湿、そして根本からの体質改善をしていきたいです。

繰り返すニキビに悩み中

私は中学生の頃からずっと繰り返すニキビに悩まされています。中学生の頃は思春期だし仕方ないかと思っていたのですが、20歳になっても繰り返すニキビはなかなか治らずいろいろニキビに効くと言われている化粧品も試しては見るのですが結構逆効果なものもあったりしてなかなか改善されないです。

巣顔美人の口コミ&評価!薬局などでは購入できるか?最安値通販や使用した効果もご紹介!

そんななか完全には治りはしないですがネットで無料の肌診断をしたりしてから自分にあったニキビ用化粧品を使うと少しはましになったかなと思えるようになりました。また1番効果があったなと思うのはニキビ用のクリームです。

正直、ニキビができなくなるということはないのですが私の場合すごくニキビの治りが早くなりました。

今までは治りそうになってはまた同じ部分にニキビができてしまうという感じでニキビの無限ループで、途中で潰したりするとニキビ跡になってしまったりしたのですが最近はニキビクリームのおかげでできたらすぐ治せているのでニキビ跡に悩まされることは減りました。

ニキビクリームはいろいろタイプがありますがこれもネットで調べるとタイプ別でおすすめのクリームが出てくるので自分に合ったクリームがどんなのか調べてから買うのがいいと思います。まだまだニキビは肌悩みとして残っていますがこれからもニキビの悩みが少しでも減るようにこれからも研究していけたらなと思います。

年齢を重ねるごとに気になるクマ、シワ、たるみ、毛穴

年齢を重ねるごとに増えてきたのが、ほうれい線のシワ、目元のシワやクマ、頬あたりの毛穴の開き、たるみです。ほうれい線のシワを少しでも薄くするために、顔の体操をしたり、目元のシワも薄くするのに、ホットアイマスクをつけるなどして対処しています。http://www.boedo-tango.com/
今は、専用のパーツ別の化粧品で対処することはほとんどしていません。すごくシンプルですが、お肌のケアに使っているのは、化粧水と乳液のみです。あとは、カラダの中から綺麗にすることが大切だと思っているので、食生活に気をつけたり、早寝早起きなど生活習慣を正しくするのに気を使っています。

カラダの中からの美容と言えば、コラーゲンの配合されている美容食品もオススメです。それを飲むと翌日のお肌の調子が、かなり良いので、日常生活に取り入れています。

ちなみに、クレンジングは使っておらず、石けんで落とせるメイク道具を使っていて、なるべく、お肌に負担のかからないアイテムを取り入れています。シワには、顔の体操が役立っていて、シワに効果があるだけでなく、顔全体が、引き締まるのでオススメです。

顔の体操のやり方は、口を閉じたまま、口の中からくちびるの周りをなぞるかのように舌を回転させます。やりはじめた頃は、何回もするのが、しんどかったですが、今では、もう慣れてしまい、何回もやっています。今の時期でしたら、外出先でもマスクをつけていることが多いので、外出先で時間があるときに、いつでもできるのが良いと思います。

私が今までで一番いやだったのはお肌にニキビが出来たことです。

私は学生の頃一番酷いニキビが出来てしまってずっと治りませんでした。http://www.genevievesimms.com/

それは思春期だという事もありますがやっぱり色々と考えてどうしてもどうにもならないストレスというか、家の中がぐちゃぐちゃでどうしようもなかったというのがあげられます。

私は普段あまり色々なことに対してこれをやってみようという気持ちはあまりないタイプなのですが、今回ばかりは人に顔を見られるという事からこのにきびを何とかしたいと思って色々なことを勉強しようと思いニキビについて勉強する時間を設けました。

そして一番良いのはやっぱりニキビになる大本を取り除かなければ根本は治らないという事がわかりました。

最終的に私自身が考えたことはプロアクティブを使って治すという事なのですが高校生の私には若干お金が高くて買えず、親に頼ってなおしたいから勝手というおねだりをして買ってもらいました。

最終的に毎日プロアクティブのおかげで良くなったのですが、やっぱり根本的なストレスを解消する方が早かったのかなという事を実感しました。

なのでストレスはお肌の大敵だという事をものすごく実感したのを覚えています。皆さんもストレスを抱え込まないようにしてくださいね。とても大変だと思いますが。

ずっと悩んでいた繰り返しニキビからの脱却劇

「思春期のシンボル」だなんて言われるニキビ。

なった方はそれどころじゃない!

モイスポイント

思春期から大学進学後も悩まされた顎の繰り返しニキビ。

ニキビに効くと謳っている洗顔料を試し、お風呂上がりのスキンケアもニキビ予防のものを選ぶ。

それでも消えてくれないニキビたち。

消えてきたと思ったら、新しいニキビが頼んでもいないのに顔を出してくる。

調べては試し、調べては試しの繰り返し。

消えては現れ、消えては現れの繰り返し。

そんな繰り返しニキビに悩まされていた私が、遂にそのニキビから数年掛かってやっと脱却できた!

今回は、試してみて一番目に見えて効果が出たニキビ撃退法を紹介します!

私が一番効果が出たものは、薬やスキンケア方法……ではなく、食生活の改善。

朝食や小腹が空いた時に「ヨーグルト」を食べるようにしたんです。

繰り返しニキビの中でも、特に顎ニキビが酷かった私。

顎ニキビは、胃腸が悪い証拠だと常々母に言われていたのを思い出し、「それなら、お腹にいいものを食べよう!」と考えたのがきっかけ。

腸内フローラを整えてくれる乳酸菌。

それを簡単に摂取できるヨーグルト。

プレーンヨーグルトは苦手だったけど、

バナナと一緒に食べたり、

蜂蜜をたっぷりかけたり(純はちみつがおすすめ)、

自分が美味しく食べれるようにアレンジしながら出来るだけ毎日食べる。

気分転換に、果物入りの甘いヨーグルトを買って食べることも。

1ヶ月経たないうちに、お通じは良くなるし、ニキビは減ってくる!

短い期間で結果が出るから、モチベーションも上がって楽しく美味しくニキビ予防ができたのは凄く良かったです!

今でも、ヨーグルトは食べるし、料理のアレンジにも使えるから、ヨーグルトの気分じゃない!って言う時も使えるのがいいところ。

キムチやぬか漬けも乳酸菌豊富な食べ物だから、いつもの食卓に加えてもよし。

高いスキンケア用品を買わなくたって、安いヨーグルトでニキビは撃退できる!

ニキビに悩んでいる人は是非やってみて下さいね!

ここまで読んでくれてありがとうございました!

肌は鍛えてこそ輝く!!

10代の頃より長年少しの刺激で赤み、湿疹のできる敏感肌に悩まされていました。モイスポイントの効果を暴露!

そんな私は敏感肌用と言われる類のスキンケア商品は何十種類と試しました。更にエステにも通い、エステサロン仕様のスキンケア商品も使っていました。そこで初めて少し肌に変化が見られ、それが嬉しくてもっともっとと言う思いで更にホームケアに力を入れ、エステに通う頻度も上げました。

その結果、お手入れを続けている間は良い状態のお肌で過ごせ、気持ちも前向きにいられました。長年の悩みからも解放されたと思っていました。ところが、25歳を過ぎた頃からその異変は現れはじめました。

今まで問題なく使えていたものに対しても刺激を感じるようになり、自分の髪が少し当たっただけでも痒み、赤みが出るようになりました。何事かと思い、お肌の状態を見てもらうとスキンケアのし過ぎによって肌の角質層が極端に薄くなり、本来なら肌表面には出るはずのない核と呼ばれる部分が露呈してしまっているとのことでした。

これはいけないと思い、可能な限りベースメイクも最小限に抑え、ダブル洗顔もやめこれまで力を入れてきたスキンケアもプロペトのみにしました。やはり長年甘やかせてきた肌には副作用が大きく、しばらくは観るも無残な状態でしたが、2年を過ぎた頃には市販の商品が使えるまでの肌になりました。