毛穴ケアのポイントは〇〇だった件

学生のころから、いちご鼻で悩んでいた私がツルツル肌になったきっかけのお話です。

結論から言うと、毛穴ケアのポイントは「洗顔」です!

多くの方が化粧水やクリーム、スクラブなどにはお金をかけるのに洗顔料には無頓着だったりします。

洗顔料にこそ、原料や洗い方に気を使うだけで毛穴の問題はほとんど解決できてしまうんですよ!

私が洗顔に重点をおいたキッカケは、職場の先輩から頂いた石鹸でした。

その先輩はとっても肌艶のいい人で、女性としても憧れの存在。

その方に、誕生日プレゼントととして「固形石鹸」をいただいたのです。

決して高すぎる値段ではないのですが、原料にはこだわりがあり、自然のものを使っている石鹸でした。

その夜先輩のお宅にお邪魔し、洗顔の仕方を教えてもらいました。

アイウルルの口コミと効果を暴露!

①ぬるま湯で顔を洗い流す

②泡立てネットに石鹸を置き3?4回こする

③もちもちの泡ができるまで空気を含ませ泡立てる

④泡で包み込むように顔を洗う

⑤ぬるま湯でよく洗い流す

ポイントはゴシゴシ洗うのではなく、泡で包み込むように洗っていく事。

いたってシンプルなことですが、これだけで私は毛穴の問題がなくなり、ツルツルのお肌になりました!

もし、いまあなたが毛穴ケアのために化粧水やクリームにお金をかけているなら、洗顔料にポイントを絞ってみてはいかがでしょうか?

洗い方も上の①?⑤の手順で丁寧に洗うだけで、きっと変化が見られるはずです!

マスクの中でこそできるほうれい線対策

老人の絵を描こうとするときに、必ず書き加えられるのがほうれい線です。ほうれい線の有無で見た目年齢が決まると言っても過言ではないでしょう。若い頃は「痩せたい、痩せたい」と言っていた女性が、中年を過ぎると「痩せたい、けど顔はこのままでいい」となるのは、顔が少しふくよかな方がほうれい線が目立たず若く見えるためです。細くて頬がこけているようなタイプの顔はほうれい線がとても目立ち、必要以上に老けて見えます。

http://elag2017.org/

私の友人は、冬や花粉症の時期にいつもマスクをしていますが、口元が隠れているのを良いことに「ほうれい線予防運動」をしていると言います。ほうれい線のある個所に口の内側から舌を押し付け、ほうれい線を伸ばすのだそうです。右のほうれい線を伸ばし、左のほうれい線を伸ばし…マスクの中で彼女の口元は常に動いているそうですが、外からは全く分かりません。涙ぐましい彼女はもちろん、しわ対策のクリームも愛用しています。

私は敏感肌であまり特別なクリームが使えないので、お風呂上りにピュアオイルを塗り、口元の保湿を心がけています。シワの大敵は紫外線と乾燥です。肌が弱く日焼け止めも塗れませんんが、ピュアオイルでの保湿なら肌に優しくシワの予防にも効果あり。自分にできることをできる範囲で、やってみています。

マスクの下は蒸し風呂状態

ここのところマスクは必須です。どこに行くのでもマスクが手形のようになっています。

モイスポイント

前は花粉の時期だけに使用していましたが、今は年間を通して使用しなければいけません。

そこで困っているのが、マスク内の環境が肌に与える悪影響です。

吸気と排気による熱がこもるため、マスク内は常に多湿の状態で、

年中汗をかいています。発汗によって、マスクは濡れ、肌からは水分が蒸発し、乾燥気味になります。

一度できてしまった吹き出物は高温多湿な環境の中で擦れ、つぶれ、悪化を繰り返していきます。

なかなか治らない。治ってもまたすぐにぶり返す。この悪循環から抜け出すためには、

マスクを外し、肌を健康に保つことが重要なのですが…外で働いていると、そうもいかないのが現実です。

マスクをしながらでも、肌にあたる部分を肌に優しい素材に変えることによって、

多少症状を改善させることができました。

それは内側をシルクの布に変えること。特に不織布の使い捨てマスクはニキビ肌には最悪の素材ですので、

内側に1枚シルクの布をはさむことによって、サラサラ具合が増します。

高級素材なので、値段はかさみますが肌荒れが進行するよりかはましです。

実に不衛生で、マスクの下は肌荒れがなかなか治らない状態になっています。

常にマスクが外せない…肌荒れを隠すためのものになってしまっています。

なんとなく一年中乾燥肌

年齢を重ねていくと肌のうるおいが無くなるのはわかるのですが、35歳を超えたあたりから、なんとなく一年中乾燥している気がします。顔はもちろん、手指が夏でも乾燥気味になってしまいました。夏場はハンドクリームいらずだったのに、一年中ハンドクリームを使用するようになっていました。

ちゅらかさなを続ける効果!

夏場はさらっとしたもの、冬場はしっとり保湿力の高いものを使用しています。顔の方は、夏場は化粧水をパパっとつければよかったのですが、すぐ化粧水の水分が消え、乳液を求める肌になってきたような気がします。若い頃からきちんとケアをしていればよかったのですが、なんせズボラな性格のため、気が向いた時だけ美容液だの乳液だのパックだの気分でスキンケアをしていました。最近は、オールインワンジェルとかいう私には画期的な化粧品があるので、とりあえず全身に塗っています。

最近はシミが気になりだしたので、身体の中からホワイトニングを心がけています。効果はわかりませんが、豆乳と食物繊維を多めに摂取するようにしています。大豆イソフラボンがいいとか悪いとか…。とにかく、三日坊主な性格なので、モデルさんのようにストイックなスキンケアは出来ませんが、なんとなく頑張っています。

ベーキングパウダーを混ぜるだけ洗顔

毛穴の詰まりが気になる時に良く、重曹の入った洗顔料で洗顔をすると毛穴の角栓や黒ずみ、肌のくすみやざらつきが改善されると聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

nicoせっけんの効果と私の口コミ!最安値で購入可能な通販サイトも紹介

私も使用したことがありますが、ホントに1回で綺麗になり、洗い流したそばから自分の肌ではないかのようなツルツルとした触り心地に感動するんです。

ですが、酵素洗顔、重曹洗顔は高価でもったいないと感じてしまう方にオススメなのはベーキングパウダーを少量、日頃お使いの洗顔フォームに混ぜて洗顔することです。

私の場合、1.2cmほど洗顔フォームを手に取り、そこに小さじ1/2ほどのベーキングパウダーを混ぜ、水を加え泡立てます。

その時に洗顔用ネットを使って泡立てると細かく弾力のある泡洗顔ができるのでオススメです。

それを濡らした顔にそのまま乗せて、肌を擦るのではなく泡を肌の上で転がすイメージで洗顔してください。

酵素洗顔や重曹洗顔も同様ですが、刺激が強いので毎日ではなく日を空けて!洗顔の時間も短めがオススメです。

洗い流したそばからツルツルなのを実感できるのではないでしょうか!

特に乾燥肌さんには少しツッパリ感は普段よりも感じてしまうのですぐの保湿もお忘れなく!

お肌の諸症状について

私は子どもの頃からアトピー性皮膚炎を患っています。http://eltrendelllano.com/

今も2ヶ月に1度ほど皮膚科に通院して、薬を処方されています。

アトピー性皮膚炎で気になる悩みがいくつかあります。まずは乾燥です。保湿剤を朝晩塗っても日中、乾燥します。顔の場合は特に唇です。コロナの影響で、マスク生活になり、頬などの乾燥はだいぶ良くなりました。

しかし唇はなぜか乾燥するため、ワセリンを塗るようにしています。次に痒みです。自分の場合は痒みがひどい時とそうではない時と波があります。特に生理の時は、痒みはもちろんのこと顔にニキビができやすくなります。

痒みがひどい時は保湿剤の他にステロイド、非ステロイドの薬を使い分けて塗っています。赤みの度合いによって、自分で塗り分けてます。そして顔の赤みです。皮膚が薄いせいか、赤くなりがちです。暖房が効いた部屋にいるとなりやすいです。周りから大丈夫?、熱がある?と心配されたこともあります。体調が良くないわけではないため、心配してもらって申し訳ない気分になります。最後にアトピー性皮膚炎は完治するわけではないため、今後も付き合っていく必要があります。悩みは絶えませんが、うまく付き合って行けたら良いなと考えてます。

繰り返す顎ニキビ

私は1ヶ月ごとに繰り返される顎ニキビに長年悩まされてきました。ある時期になると一気に顎にブツブツとニキビが現れ、化粧水や乳液でのケアをし、やっと治ったと思えば、また新しいニキビが繰り返されました。何か周期などの法則があるのかもと思って調べると、生理前になるとニキビができやすいということでした。

http://www.dfwhdi.org/

確かに生理前の気分のだるさや、空腹という症状と同時にニキビができ始め、生理が終わる頃には治っているという条件に当てはまったので、原因がホルモンバランスの乱れだということが分かりました。そこで何か対策方法がないか考えてみると、今までのような化粧水だけのケアは一時的には治すことはできるのかもしれないけど、長期的に考えたら適切ではないと考えました。そこで、ホルモンバランスを整えることに注目し、体の内側から整えていくことにしました。

病院でビタミン剤と女性ホルモンを整える漢方薬を処方してもらい毎日3回ずつ飲み始めたら、約一ヶ月程度で体の調子が良くなり、顎ニキビを治すことができました。同時に乾燥肌にも悩んでいましたがそうした悩みは普段通りの化粧水と薬で同時に解決することが出来ました。肌トラブルは外側から来るものではなく、体の内側に目をつけて対策すると良いことがわかりました。

学生時代からのコンプレックス

現在20代女の私ですが、いくつかある中で一番のコンプレックス。

それが、毛穴トラブル。

ビマジオの効果を徹底検証!

口角が下がってるとか爪の形が綺麗じゃないとか、数える程あるコンプレックスの中でダントツで気になっているのが毛穴です。

学生時代がピークで、毛穴の開きに加えて吹き出物がかなり多く、さらには皮脂で光る顔面……。

写真を見返したくない程の酷い有様でした。

ピークだった思春期もとっくに過ぎて、現在は吹き出物は落ち着き、顔の赤みなども無くなりましたが、どう頑張っても無くならないのが毛穴の開きと顔脂。

巷で噂される様々な洗顔石鹸や蒸しタオル、保湿方法などをいくつも試してきましたが、何をやっても今ひとつ効果が感じられませんでした……。

その中で、改善したとまでは言えませんが一番効果があったように感じたのは「酵素洗顔」。

パウダー状のものを泡立てて二日に一回使っていましたが、洗顔直後は顔表面のザラザラ感が無くなって、どこかスッキリした感じ。

つっぱることもなかったので、肌の弱い私には最適でした。

諸事情により長く継続して使用してないので、使い続けた結果がどうなるかは経験していませんが、今後また長いスパンで使ってみたいと思います。

なんせ私の毛穴はかなり頑固なので……。笑

CMや広告で見るような「ごっそり!」とか「綺麗な艶肌!」みたいな結果が得られた事は一度もありませんね……。

もちろん、なんでも継続は力なりなので短期スパンで変化することは無いわけですが、一回で劇的に変わる!という謳い文句のものも私には全く効果ゼロでした。笑

そもそも水分が足りていないとか腸内環境が悪いとか、内部からの原因も大きいと思うので、気長に改善出来ていけたらいいなぁと思ってます。

まぁ気長にやった結果すでに数年もの月日が流れてるわけですが。笑

でも本当に、肌が綺麗になるだけでモチベーションも上がるし、人生が変わると言っても過言ではないと思うのでいつかは毛穴トラブルともおさらばしたいです!

ニキビや吹き出物を防ぎたい

お肌のトラブルととして、きっと多くの人にとって切実な悩みなのが、ニキビや吹き出物などのお肌に突然現れる赤い突起でしょう。ニキビと聞くと10台の若い人の悩みという感じがあるかもしれませんが、大人になってからもニキビや吹き出物で困っている人も多いはずです。かくいう私もその一人です。変にいじってしまうと、治った後もお肌にクレーターのような跡が残りますし、かといって化粧で隠すのにも限界があります。

FACEEリキッドセラムプラスは効果あり?私の口コミ体験談を辛口評価でお届け!

そうなると、やっぱりニキビができないようにお肌環境を整えるというのが一番の解決策のような気がします。ニキビのもとになるのはアクネ菌というものみたいです。これが皮脂などで増殖した結果がニキビというお肌の炎症トラブルです。言い換えればアクネ菌を取り除く、あるいは皮脂を適切に管理すればニキビ問題はかなり軽減しそうですよね。

皮脂を管理するためにはこまめに顔を洗うという以外にも食事などで脂っこいものを多くとりすぎないなども大切だと聞きました。ストレスや寝不足も要因の一つになるそうなので、ニキビは現代生活のお肌トラブルの一つと言えます。一番手軽にできるニキビ対策は、規則正しい生活と食生活を管理することになりそうです。その上で皮脂管理に役立つ自分のお肌に合った洗顔料を使うようにしないといけませんね。

紫外線対策でシミやくすみを予防しましょう

お肌の悩みはつきませんよね。

明るく透明感のあるお肌は憧れます。

シルクリスタの本音口コミ!効果やネット上の評判から解約方法まで完全レポート!

特にシミやくすみでお悩みの方

多いと思います。

鏡を見て茶色い点があれば

がっかりしますよね。

シミの要因のひとつは

「紫外線」です。

米国皮膚学会では

肌老化の80%は紫外線の影響だと

考えられています。

普段から

日焼け止めをしっかり塗って

予防する事が大切です。

悪さをする紫外線には

2種類ありますが

そのうちのUVーA波と呼ばれる紫外線は

地上に届く9割を占め

波長が長いため

雲やガラスを通り抜け

お肌の奥まで入り込み

シミ等老化の原因を作ります。

しかも1年を通して波長に変動がなく

冬場でも日焼け対策が必要なのです。

ガラスを通り抜けて波長が届くので

室内にも当然入り込みます。

コロナ禍で家にいる事が多い方も

油断せずしっかり日焼け止めを

塗りましょう。

だからと言っても

ガッツリ塗るのではなく

今は乳液等の中に

日焼け止めの成分が入っている製品も

沢山出ています。

ノーメイクで過ごしたい日など

朝のお手入れしながら

気軽に日焼け対策ができます。

シミは一度できると

そこから濃くなったり

範囲が広くなり

化粧品だけでは取れなくなります。

そうなる前に

しっかり紫外線対策して

美しいお肌をキープして行きましょう。

透輝美3~6か月で若く見られるようになる! 意外なお肌のアプローチ最速ルート!

今日は、いつまでも若く見えるお肌を作る、意外な「最速ルート」のお話をします。

若い肌が保てると、外見のみならず、異性にモテる、仕事ができる人に見られるなど、毎日が楽しい、人生が変わるなど大きなメリットがあります。

http://www.marieperbost.com/

一方、高価なスキンケア用品を買って毎日ケアをしたり、YOUTUBEなどでお肌の勉強をしても、なかなか肌がきれいにならない、というお悩みの方へ、どんなアプローチを取れば、お肌の悩みを解決できるでしょうか。

その秘訣は、「インナービューティ」にあります。今、お肌でお悩みの方は、ぜひコチラのアプローチをお勧めします。

実は、肌をきれいに保つ方向性は大きく2つあります。

1つは「アウタービューティ」。外側からキレイにするという考え方。具体的には、スキンケア製品を購入し、手入れすることです。

対してもう1つは、「インナービューティー」というアプローチです。これは、身体の内側からキレイにするアプローチです。

具体的には、栄養、良質な水を摂ることで、栄養は内臓、血液の働きを改善します。
体内の栄養が満たせたら、その後栄養は「肌」「髪」の再生のために利用されます。積み重ねで3~6か月後、お肌の悩みが解決し、周りから若く見られるようになります。

ぜひ、お肌のお悩みを抱えてらっしゃる方は、ぜひインナービューティーを取り入れることを勧めます。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

お肌トラブルがなくならない

私の肌悩みの最初は小学5年生の頃。おでこにポツポツニキビができ始めました。

中学生に上がり、陸上部に所属。炎天下の中、練習する日々でした。ポラッシュを辛口評価!

もちろん日焼け止めを塗るなんてことはしていません。

中学2年生で早くも、こめかみにシミを作ってしまいました。シミデビューしてしまいました。

ニキビもどんどん増えていきました。特におでこと顎に集中していました。

卒業式の時の写真はどれも表情が暗く、悩んでいるような深刻そうな顔をしています。

高校生になり、当時流行っていた「プロアクティブ」という商品を使うようになりました。

油分をごっそり取り除いてくれるようで、初めは乾燥して肌が赤くなるほどでしたが、じきに慣れていき、

ニキビが日に日に小さくなっていきました。

お化粧も覚えるようになって、ファンデーションで隠せるようになって悩むことが減っていきました。

20歳をすぎると肌が安定したようで、ニキビが大量にできることはなくなりました。

その代わり今度は毛穴が気になるように!

いちご鼻はもちろんのこと、鼻周辺のたるみ毛穴も目立つようになってきました。

そして、30代に入った今、頬全体が細かいシミで覆われています。

今更知ったのですが、ニキビもたるみ毛穴もシミも、紫外線が原因で起こるようです。

日焼け止め、大事です。

シミが最大の悩みです。

私の肌の悩みはなんと言ってもシミです。モイスポイント
シミができてしまったのは完全に自分のせいなのですが、高校生、いや、大学生の頃まで一切日焼け止めを塗っていなかったんです。

もちろん周りには日焼け止めを毎日塗っている友達もいましたが、あの白浮きしちゃう感じがどうにも苦手で休みの日にレジャーに行くときですら塗っていませんでした。

それに日焼け止め塗ると必ず肌が荒れてしまっていたので、たとえ塗りたくても塗れない状態でした。

地黒な上に日に焼けやすいタイプなので、テニス部の友達と張るくらい真っ黒でした。ちなみに私は帰宅部でした。

高校卒業したくらいに目の下(頬のど真ん中辺り)に5ミリ×5ミリくらいのシミが突然できました。

その時は、まだ若いし放っておいたらいつか薄くなるだろうと思っていましたが、薄くなる気配はなく年々色は濃くなってきています。

シミってどうしてあるだけで老けた印象を与えるのでしょうか?

ホクロは涙ボクロとか口元にあるホクロとかはセクシーな印象を与えるのに、シミはどうして良いものとして捉えることができないのでしょう。

コンシーラーで隠そうと思っても肌に馴染む色を探すのってなかなか大変で、完璧に隠れない上に「コンシーラー塗ってますよ」感が出てしまします。

本当に、このシミどうしたら良いのでしょうか。

マスク生活により荒れる肌

わたしはよくニキビができてしまいますので、そのニキビ対策として、エーシーコンフロントウォッシングフォームという洗顔フォームを、100均で売っているホイップが出来るもので必ず泡立ててから使っております。エーシーコンフロントウォッシングフォームを使っていると赤みがすこしだけ落ち着きます。

モイスポイントの口コミと効果を暴露!最安値で購入可能な通販サイトもご紹介!

ただ、今は1年以上ずっとマスク生活のせいでニキビが治るより先に新しいのが出来てしまいます。マスク生活でなければエーシーコンフロントウォッシングフォームはわたしのお肌にはすごく良さそうな感じがしております。あとニキビ対策には朝夜の1日に2回洗顔をすることを知り合いにオススメされました。

そしてクレンジングも一緒にすれば良いとオススメされたため、1週間ほどオススメされた通りやってみると、わたしのお肌は赤みをおび熱を持つようになり乾燥が酷くなってしまい逆に悪化してしまいましたのでやめました。

人それぞれ合うスキンケア、合わないスキンケアがありますので必ずしもこれが良いというアドバイスは受けれずなにがよいのかわからないです。化粧水、乳液、あらゆるスキンケアをせず、夜のお風呂のときにこの洗顔で洗うことにするのを週に2回程徹底し、朝は必ずぬるま湯で毎日洗顔にするとお肌がすこし落ち着いています。ニキビやお肌の悩みに何がいいか本当に難しいです。

シミそばかすがチャームポイントになるのは昔の話

私は産まれた時から肌が白く、小さい頃は「ロシア人形みたいだね」と言われ、私の母、祖母、曽祖母も肌が白い上に、シミが少ない体質の家系でした。

ととのうみすとの効果

通常であれば羨ましいと思う環境ですが、小学校に上がるにつれ、女の子より男の子と遊ぶ方が多かった私にとって「肌が白いねー、綺麗ねー」と言われるのが逆にとても苦痛でした。それは中学生になっても変わらず、色が白いことでか弱い女性に見られることが苦痛なため、一切日焼け止めを使わず、また化粧水等も使用せず、時間があれば日に焼けようと必死でした。

しかし、元々肌が弱いため、日に当たったとしても火傷のようになるか、日に当たれば当たるほどシミそばかすだけが増えていきました。

シミそばかすに対して当時は全く抵抗がなく、むしろ自己のチャームポイントだとも思ってしまっていましたが、そんな私も大学生になり化粧をするようになった頃には、可愛らしいシミそばかすが、ただのシミに近いものになっていました。

20代前半にして頬に出来てる沢山のシミを何とか必死に化粧で誤魔化そうとしても、薄くなる程度でシミが消えることはありませんでした。そして現在、30代になり、余計にシミが目立つようになってしまい、色んな基礎化粧品を用いても改善することは難しく、私の切実な悩みでもあります。

今の私が過去の私に伝えたいことがあるとすれば、シミそばかすはチャームポイントではなく、肌が白いことがチャームポイントなため、産まれた時の自分を否定せずにもっと肌を想いやった行動をして欲しい、と伝えたいです。

美肌水をはじめました。

わたしはニキビ肌の超乾燥肌ですが、お水を飲むことはお肌にとても良いということを、YouTubeで見ていたので.毎日お水を1.5リットルから2リットルくらいは飲むように心がけております。

http://www.secretgarden-deco.com/

そして最近知りましたが、美顔水というのもあるみたいでして、今までは美顔水の存在を知りませんでしたが、ニキビに効くサリチル酸とホモスルファミンという2つの有効成分を含んだ薬用化粧水だもいうことを知りました。なのでAmazonで3箱ほど友人にもオススメしたいため大量注文しました。

サリチル酸というのは、ピーリング作用がある成分みたいでして、角質を柔らかくしてニキビの原因になる角質詰まりなどをケアしてくれるみたいですので、わたしは毛穴詰まり(とくにいちご鼻)もすごく気にしているのですごく自分のお肌には合うかもなと思いました。

そしてホモスルファミンは抗菌成分の一種で、ニキビ菌の抗菌効果があるらしいので、お肌の表面の角質詰まりをケアしつつ、ニキビ菌を抑えてくれるということでしたので、わたしはニキビができやすいのでそれが少しでも改善されれば良いなも思いましたので、これから期待しています。万が一美肌水があまり効果が感じられなくても、ずっと使えるものなので良いかなと思っています。

毛穴の汚れが気になったら?やってはいけないケアとオススメのお手入れ

毛穴が黒ずんでいると、肌に自信を持つことが難しくなります。毛穴の黒ずみを取るためにシートタイプの毛穴パックを利用する人もいますが、この方法はあまりお勧めできません。貼ったシートを剥がす際に、肌に大きな負担が加わるからです。肌に負担をかけすぎると、ニキビなどの炎症を引き起こす可能性があります。

http://barbaraardizone.com/

毛穴の汚れが気になったら、ダブル洗顔をしましょう。クレンジングでメイクを落としたあと、メイク以外の汚れを洗顔で落とします。クレンジングと洗顔は、落とす対象が違うので、落としすぎを不安視することはありません。クレンジングはできればオイルクレンジングを使用しましょう。油の汚れを落とせるのはオイルです。毛穴の汚れが気になるところだけでもオイルクレンジングを使うと、毛穴が目立たなくなります。洗顔料は泡状のものがオススメです。肌への刺激が小さいからです。

汚れを落とした後は、十分に保湿します。スキンケアに効果的な成分としては、ビタミンAがあげられます。ビタミンAは肌の再生を促します。ビタミンAの入った美容液がオススメです。肌のベタつきが気になる人は、パーツによって使い分けましょう。Tゾーンはベタつくのでさらりとしたもの、頬のように乾燥しやすい部位は保湿力の高いものを使いましょう。

乾燥肌からくるオイリー肌

私の肌はタイトルの通り、乾燥肌からくるオイリー肌です。
始めは自分はオイリー肌だとばかり思っていました。
いつもいつも顔がテカテカしている状態で、特に鼻のテカリ具合は素晴らしかったです、、、。

ラントゥルースは効果あり?私の口コミやネット上の評判などをご紹介!

ある日、私は初めてフェイスパウダーを使いました。ベースメイクの仕上げとして使ったり、メイク直しの時に便利だなと思ったからです。
ですがメイクを直すどころか肌が乾燥し、パウダーが上手く乗らず粉っぽくなっていたのです。
その時に友人から、オイリー肌ではなく乾燥肌なのではないかと言われました。
言われてみると私は乾燥対策というものを全くと言っていいほどしていませんでしたし、オイリー肌には逆効果だと思っていたのでする気もありませんでした。

顔に粉が吹いている状態の私は、色々な方法を試すしかありませんでした(笑)
いきなり高価なものに手を出す勇気はなかったので、「まずは」と思いハトムギシリーズを揃えてみました。
ハトムギ洗顔フォームにハトムギ化粧水、そしてハトムギ保湿ジェルです。
洗顔はしっかり泡立て、化粧水は時間をかけて肌に染み込ませる、ジェルはたっぷりと使いパックのようにして保湿しました。
なんという事でしょう。
その三つを心掛けるだけで一週間もしないうちにオイリー肌がましになったのです!
化粧乗りも抜群で、肌が綺麗と褒められるまでになりました。

私が学んだことは自分に合ったものを使うのが一番大切だという事です。
私の場合は、自分に合った洗顔や化粧水を一発で見つけられましたが、まだ自分に合ったものに出会ってない方は時間をかけてでも探してみてください!

お風呂場のカビ退治方法を紹介します。

お風呂場のカビって気が付かないうちにすぐ繁殖しますよね。http://www.killarney-innovation.com/

定期的に掃除をしないと頑固な黒ずみになり、なかなか落とせなくて苦労してる方も多いかと思われます。

そこで無理なくできる、カビの予防と退治方法をご紹介したいと思います。

酢と重曹を使ったカビ取り方法

酢スプレー(酢1:水2)と重曹を使う。
1 カビに、酢スプレーをかける。

2次にその上から重曹をかけて、また酢スプレーをして1時間放置する。

31時間経ったらスポンジで優しくこすり取る。

4布で拭き取り、酢スプレーを吹き付けて終了です。

酢には抗菌作用があるのでカビ取りに効果的です。

重曹はクレンジング力で落とした後に、酢スプレーを吹き付けることで、今後の予防に効果的です。酢と重曹は体に安全な天然成分なので、お肌にも安心です。

私は上記のようなカビ取りでも面倒と思うことが多々ありますので、以下のようなカビ予防もあります。
お風呂上りに体を拭いたタオルで壁や床を拭く、排水溝の近辺に冷水をかける、換気扇を朝までかけても電気代はあまりかかりませんので、朝まで換気をすればかなりの予防対策になります。

1日の疲れは、カビのない綺麗なお風呂に毎日入りたいですよね。

カビが発生したまま放置してしまうと、頑固なカビになってしまいますので、
日頃から上記の方法を参考にしていただければ、お風呂掃除が楽になると思います。

ほうれい線ができた時のケア

これまで何の肌悩みもなく、年を取ったらしわやたるみなどの肌悩みが出始めるものだと勝手に思っていました。ラントゥルース

現在20代後半ですが最近になってほうれい線の悩みが出始めました。

自分が思っていたよりも早めにほうれい線が出てきたので少し驚きとショックでいっぱいでした。

美容について調べたりすることが好きで、知識は多少あるのでシミシワができた時のケアの仕方や予防法なども沢山調べていたしもちろんほうれい線についても調べていました。

しかし、予想以上に早くできてしまったほうれい線に驚きすぎて実際にほうれい線が出来てしまうと何から対応していいのか分からなくなってしまいました。

とにかく毎日保湿をしっかり行うところから始めています。

そして最近始めたケアは、マスク生活だからこそできる顔体操です。

口の中で舌を動かして筋肉を鍛えたり、口の中からほうれい線を押して延ばすような体操をします。

家の中だけでなくマスクを付けているからこそ、電車の中でもおこなうことができます。

マスク生活だから表情筋を使う機会が減ってほうれい線ができやすくなったと考えていますが、マスクをマイナスに考えるばかりでなくマスクだから出来るケアもあることに気付きました。

ほうれい線の原因と解決策について

20代のころからほうれい線に悩んできました。
http://www.sonemus.com/

30代に入ってからは、ダイエットなどで体重を落とすと、まず顔の肉から落ちていってしまい

ほうれい線が余計目立つように・・・

体重を増やすなど、太ると目立たなくなるのですが、体重は落としたいけど顔の肉は落としたくないという悩みに直面しました。

ほうれい線の原因として、乾燥・たるみなどがあげられるので、

1年間通して常に保湿するようになりました。

それとともに、2~3日に1回、EMS美顔器でリフトアップ。

スキンケアの一番最後にシワに効き目があるとうたっているクリームをほうれい線と目元にすりこむように塗布。

保湿と美顔器だけで、だいぶほうれい線が目立たなくなりました。

ダイエット中もなるべく顔の肉を落とさないように、食事で落とすのではなく、筋トレをメインにして脂肪の燃焼を中心としたメニューにして行いました。

頭皮マッサージもいいと聞いたので、洗髪中やお風呂上りにも頭皮を持ち上げるようにもみこみ、頭皮を柔らかくさせるマッサージを行いました。

これによって体重を落としても昔ほどほうれい線が出るような痩せ方はしなくなりました。

ビタミン系のサプリなども毎日飲んでいます。

今行っているこれらが10年後の自分を作ると聞いたことがあるので、これからも気を付けながら続けていきたいと思います。

ニキビに悩まされた時代

中学生の頃から、ポツポツとニキビができ始め高校生の頃には顔に小豆をつけて歩いているようにニキビが花盛りになりました。ニキビを触ってはいけない。潰すのはもっての外と分かっているのですが、どうしても触ってしまいました。

モイスポイントの効果を辛口評価!

洗顔して、ニキビ用の軟膏を塗っていましたがそのくらいでは治りません。だんだんひどくなっていきました。若かったけれど、洗顔後顔がとてもツッパリます。化粧水をつけ始めます。雑誌で見たいろんな化粧水を試しました。ツッパリにもニキビにも効く化粧水は、その頃ではコーセーの雪肌精とアルビオンのスキンコンディショナーだったように思います。しかしながら、中年、高校生のお財布には厳しいものがありました。

その頃にはまだ効果的なサプリメントなんてありませんから、ビタミン剤を愛用していました。しかし、花盛りのニキビは治らないですよ。いろんな化粧品を試しました。雑誌に、効くと書いてあるコスメは使ってみました。この頃から、自分の肌の状態と向き合う習慣ができていたので良かったと思います。その時の肌の状態と向き合うことが大切です。何才になっても肌のコンディションを良いものに保ちたいものです。

フェイスラインにニキビができてしまった

最近、顎のあたりにニキビができてしまい、それが気になって、つい触ってしまいます。

ですが、触ることは良くないので、テープを貼ることにしました。

おそらくフェイスラインなので、大人ニキビなのだと思います。

顔の隅までスキンケアをやっているつもりでしたが、それでも顎のあたりは冷えて、血行が悪くなっていたようです。

http://www.blacksheepsnackbar.com/

今は毎日マスクをしているので、昨年の冬よりは大人ニキビになりにくくなっています。

保湿効果もあるので、マスクの使用は大人ニキビ対策としてメリットがあるようです。

ですが、蒸れてしまい、逆に不衛生になり、吹き出物が出来てしまうことがあるのかもしれません。

ニキビ以外でも口の周りや目頭の辺りの肌がかさつくようになりました。

特に寒くなって気温が下がると症状が出やすいようです。

さらに乾燥がプラスすると、肌荒れが起こってしまいます。

最近はエアコンの使用を止めたことで、かなり乾燥対策になっています。

ですが、寒さは同じなので、乾燥以外の肌荒れが起こってしまうようです。 

冬は何かと肌トラブルが起こりやすい季節です。

なので、こまめに保湿クリームを付けています。

それでも肌の状態が良くならない時は、皮膚科で処方された薬を付けるようにしています。

ですが、なるべく薬の使用は少なくして、普段のスキンケアで対応したいと思っています。

開き毛穴のケアがしたいなら水で顔を洗ってみよう

女性なら一度は悩む事がある開き毛穴、皆さんはこの肌のトラブルをどのようにケアしていますか。大抵の人は毛穴が気になったらパックシートやクレイジングオイルで皮脂汚れや角栓を落とがちですが、実はこの方法は逆効果だったりします。ラントゥルースは販売店で市販されている?

勿論肌の汚れはニキビを生み出す原因にも成り得るため、落とすのは間違っていません。しかし「開いた毛穴が引き締まるか」といったら話は変わります。パックシートやクレイジングオイルで毛穴に詰まった皮脂汚れや角栓を取り除けばスッキリするものの、結局それはまた汚れがたまりやすい状態にしただけです。これを繰り返すとますます毛穴は大きくなり、目立つようになっていきます。

この悪循環を断ち切る方法はまずパックシートやクレイジングオイルでのケアは止め、水で顔を洗うようにしましょう。洗顔料は使わない事を推奨します。その理由は簡単で、水の冷たさによって毛穴が引き締まるからです。

しかし今度は「水だけで汚れが十分に取れるのか、気になる」という人がいるかもしれませんが、問題ありません。顔の汚れは水だけで洗い落とせるものだし、洗顔料を使って洗い落としたら肌のバリア機能でもある皮脂までも取ってしまい、結果乾燥肌になってしまう恐れがあります。そのリスクを踏まえれば水で顔を洗ってみるべきです。

脂性肌だと思っていたけれど、実は乾燥肌でした

わたしはずっと肌のベタつきに悩んでいました。
午前中にはベタついてテカリが気になり、化粧直しをたくさんすると厚塗り感がでたり悪循環なのです。
肌に悩みがあると人前でうまく笑えなかったり、わたしなんかと気分が落ち込んだりしますよね。

チェルラーブリリオ

少しでも良くなるように洗顔をしっかり行い、化粧水と乳液はさっぱりタイプのものを使い、化粧品も皮脂を防ぐもので完全防御のつもりでした。
しかし、皮脂は多少落ち着くけれど毛穴が開いて見えたり、余計にコンプレックスに。
毛穴の黒ずみも目立ち始めました。

肌があまり綺麗ではないのでスキンケアにはお金を注ぎ込んでおり、基礎化粧品はデパコスで揃えていたのですが、コロナウイルスの影響で買いに行くことが出来ずに、仕方なく近所のドラッグストアで購入することに。
どれがいいかも分からず、とりあえず手にしたトライアルのスキンケアセットか保湿系の商品でしたが、数日の間だけなら安いしいいやと気軽な気持ちで購入することに。

翌朝起きてびっくり。
いつも朝は顔がベタついていたのですが、肌のベタつきがゼロなのです。
気になっていたけれど毛穴も保湿されてかふっくら目立たずいつもよりなめらかに。
気になりネットで調べてみると、乾燥からくる脂性肌もあるとのことで、まさにわたしはそれだったんだと気付きました。

それから保湿重視のスキンケアに変えましたが、毛穴の開きも黒ずみもましになって来たように感じます。
肌の悩みがある方は、一度スキンケアの見直しをしてみるのもコンプレックス解消の手かもしれませんね。

治らないニキビ肌・毛穴の黒ずみ

 10代のころから、ニキビ肌と毛穴の黒ずみに悩んでいます。http://www.diadeloshumedales.com/

 気にするようになったのは小学生の頃からでした。顔になにかできものがある?と思っていたのがニキビで、はじめこそ放っておけばそのうち治るだろうと放置していましたが、治るどころかだんだん数が増えていき、顔中ニキビだらけになってしまいました。

「ニキビを治すには清潔を保つのが大事」だと言われて、とにかく洗顔を小まめにし、市販の薬を塗って対処しました。しかし簡単に治るものではなく、我慢できず爪で潰してしまうことが多々ありました。その時の痕はいまだに残っています。大人になった今は多少落ち着きましたが、ストレスを多く感じることがあるとおでこの辺りにブツブツと出てきてしまいます。

 毛穴の黒ずみは中学に上がってから気になるようになりました。もともと顔に油が浮きやすい体質のようで、特に鼻のあたりがテカってしまって恥ずかしかったのを覚えています。それのせいもあり毛穴が詰まって、黒ずみになってしまいました。

こちらも小まめに洗顔したり、専用のパックを試したりしましたが、ほとんど効果がありませんでした。元は鼻の部分だけだったのが、20代になった今は頬のあたりまで広がってきてしまいました。お店でよさそうな商品を買っていろいろ試していますが、なかなか効果が表れず、悩んでいます。

背中ニキビとの闘い

私は、以前から背中のニキビに悩まされています。

私は現在33才です。

アスハダの効果と私の口コミ!

この背中ニキビ、おそらく20代の後半から増え始めたと思います。

当時の私は背中ニキビを全く気にしていませんでしたが、いつの間にか背中全体を覆うほどにニキビが増えていたのです。

今思うと、背中ニキビの原因になることをたくさんしていたように思います。

お風呂で背中を洗う時は力を入れてゴシゴシ強く洗ったり、入浴後に保湿をしなかったり、1週間くらい同じバスタオルで入浴後の身体を拭いていたことなどが背中ニキビの原因になっていたと思います。

背中は普段他人に見せることがないので、多少ニキビがあってもいいかと思ってはいましたが、さすがにニキビの数が多すぎるのでスキンケアを始めました。

入浴後は清潔なタオルで身体を拭くようにし、化粧水と乳液で保湿するよう心がけました。

ネットでミョウバンを水に溶かし背中にスプレーすると良いという情報を見かけ、早速実践しました。

このミョウバン水、私の背中ニキビには、なかなかの効果を発揮してくれて、ニキビの増加は止まりました。

市販の背中ニキビ用の薬もかなりの効果がありましたがミョウバン水は、

価格が市販薬よりもはるかに安い事が魅力です。

背中ニキビの増加は止まりましたが、私の背中にはニキビ跡がたくさん残っています。

今後は、このニキビ跡を少しずつ消していくことが目標です。

私の背中ニキビとの闘いは、まだまだ続きそうです。

10代~20代こそこまめなお手入れが超重要

私は思春期の学生時代からにきびなどの吹き出物によく悩まされてきました。
ととのうみすと

毎日洗顔もしっかりしているのに、なぜか肌の調子が良くならない!正直自分の顔が好きになれない理由の一つだったわけですね。

親は「思春期だから仕方ない」とか、「歳を取れば自然と少なくなる」とか言ってくれるのですが、自分的には今すぐ消したい気持ちでした(笑)

ともあれ、そんなふうに悩んでいる人は自分以外にも絶対に居るはず。

歳を取れば少なくなるというのは事実で、実際に10代の頃に比べて20代となった今ではだいぶ落ち着き、殆どなくなりました。しかし気を抜くとまたキノコみたいに生えてきますが…毎日の洗顔に加え、保湿もすることで綺麗に治すことができ、肌のお手入れの差でここまで影響が出るのかと日々驚いています。

今でこそそうして軽い悩みで済ませていますが、ニキビがひどくならなかったのは10代の頃にしっかり洗顔をしていたからです。無理につぶしたり放っておくと後が残ったり傷になったりと、更なる悩みを引き起こしていたことと思います。

これを見ている肌の吹き出物に悩む若い世代の皆さんも、日ごろからのお手入れを欠かさずに、面倒くさくても未来のために頑張ることをおすすめいたします。

男性もスキンケア

学生の頃や大人になって最近まで、ニキビで悩んでいました。

みなさんの中には人よりも肌が荒れやすかったり、ニキビができやすい体質の方もいらっしゃると思います。

今回は男性のスキンケアについてです。

男性のみなさん、スキンケアはしていますか?

少し前から「美容男子」のような言葉が生まれだした通り、男性のスキンケアが広がりつつあります。

とはいえまだまだ気にしていない方も多いはず。

実は肌がキレイな人は、それだけで仕事ができる人と見られることが、ある研究でも分かっているんです。

http://www.helenmasacz.com/

つまり、スキンケアをせずに肌が汚いままでいると、仕事において自分の実際の能力よりも相手は自分のことを低く見積もってしまうかもしれないということです。

朝起きて顔を洗った後の数分間、お風呂から上がった後の数分間に化粧水や乳液などで軽くスキンケアをするだけで今よりも肌がきれいになり、さらに会社での評価が上がる可能性があるのです。

「今は若いからいいや~」と思っているみなさん。

年齢による「お肌の下り坂」は急に始まります。

今のうちからコツコツとスキンケアをしておくことによって、年齢による肌の劣化の速度を遅くすることができていつまでも若々しくいることができます。

ぜひこの機会にスキンケアを始めましょう。