乾燥肌にはワセリン? ワセリンが与える肌への影響

肌のタイプは人それぞれありますが、その中の1つに乾燥肌というものがあります。乾燥肌とは言葉の通り、普通の人よりも肌が乾燥気味の肌のことを言います。肌は乾燥することで毛穴が開いてしまったり、ニキビなどの肌トラブルのきっかけとなってしまいます。乾燥させないためには保湿を十分に行うことが必須ですが、保湿としてワセリンを使う人がいます。

ヒメルファンデーションは評判以上!私の口コミやドンキホーテなどでの市販状況をお伝えします!

ワセリンとは水分の蒸発を防ぐもので、肌に塗って使われます。肌の水分量は肌をきれいに保ち続けることに必要不可欠なものなので「ワセリンいっぱい塗ろ!」となるかもしれませんが、実はそうでもありません。

ワセリンは肌を完璧に覆うことで水分の蒸発を防いでいますが、すると本来肌から生じる老廃物や汚れが外に排出されず毛穴に詰まってしまいます。そうなると元も子もないですよね。黒ずみやニキビなどの肌トラブルに繋がってしまいます。
じゃあどうすればよいのか。ワセリンを使わなければよいとなるかもしれませんが、塗り方に工夫をすれば肌トラブルを起こさずに、乾燥を防ぐことが可能です。

まず、綿棒でワセリンを1回取ります。無理にたくさん取らなくて大丈夫です。次に肌に塗るのですが、この時に厚く塗りすぎないようにしましょう。厚く塗ってしまうと逆効果になってしまいます。「本当にこれ塗れてる?」って薄さで大丈夫です。これでも肌トラブルになってしまう人は、素直にすなおに皮膚科に皮膚科に行き適切な塗り薬を貰いに行きましょう。