ニキビをなくし肌を健康に保ちたい

私は、中学生の頃からニキビに悩まされてきました。中学時代、母から「汗をかいたらなるべくすぐに顔を洗いなさい」と言われてきました。私は、運動部所属で、部活の休憩時間や終了後には、すぐに顔を洗っていました。そうすることで、顔面を清潔に保つことができニキビを少なくできると思っていました。

シロジャムの最安値通販は?効果と私の口コミをレビューします!

しかし、高校へ進学する頃になってもニキビはなくなるどころか増えていきました。高校時代、部活と勉強ともに忙しく肌のケアに時間を割くことが少なくなりました。しかし、なぜか頻繁に洗顔をしていた時期よりもニキビが減っていました。その後、大学受験を控える三年生になり部活を引退したことで再び肌への徹底的なケアが始まりました。1日の朝と夕方にニキビ予防の洗顔料を使用して洗顔し毎回、顔に化粧水、乳液を塗りたくり、さらに、皮膚科にも通い錠剤とピーリング作用のあるという塗り薬をもらいこれらも服用したり塗ったりしました。皮膚科に行ったことは多少効果があったと思います。しかし、受験期後半でラストスパートをかける時期になって皮膚科に行かなくなりました。

通算で4か月ほど通ったことになるのですが、1年ほど治療を続けていたら完全に治っていたのかもしれないと考えると少し通うのをやめたことを後悔しています。そして、大学入学後ニキビについてより科学的に色々と調べました。まず、皮膚へのダメージを減らすために洗顔回数や洗顔料を見直し、紫外線避けました。食事面では、乳製品を避けたりシンバイオティクスという良い菌を体内に入れそのえさを与えて腸内環境を整えたりということをしました。それに加えて、運動や睡眠といった生活習慣の改善も行いました。

他にも、バクテリオファージや漢方を使った興味深い治療もありました。(金銭的な問題やらで実行できませんでしたが。)現在、まだ完全にニキビはなくなっていませんが数えられるほどになっています。これから私が年齢を重ねていくとシミ、たるみやほうれい線が目立ってくると思いますが規則正しく、肌へのダメージを避ける生活を心がけて肌を健康に保ちたいです!