目のクマを生かす知恵

私のお肌の、悩みはたるみだ。20代のころはあまりきにならなかったが、30代に入ると少しずつたるみが目立つようになった。目立つように、というより、気になるようになったというほうが正しいかもしれない。まずは目元、仕事が忙しくなって睡眠時間が短くなった影響は、正直にメモに現れた。クマが取れなくなったのだ。なのでいつも疲れている印象の顔になってしまっている。

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイト

周りの人からクマについて言われたことは無いので、気にしすぎなだけなのかもしれないが…朝起きて鏡を見て、取れないクマを睨むと、本当にウンザリした気持ちになる。効果がある、とされている方法はほとんど試した。温めるとか冷やすとか寝るときに目元を覆うアイマスクをするとか。しかし、どれも大した効果は得られず、ファンデーションで誤魔化している。

そもそもクマがなぜ取れないのかと言うと、目の下の血行が良くないからだそうだ。なぜ寝不足になると目の下の血行が悪くなり、クマが出来るのか、なぜあの部分だけ薄暗い色になるのか、科学的にはいろいろ研究が行われて解明されていることも多いだろう。

だが、そちらの方面に疎い私は取れずに標準の一部になったクマと一緒に暮らしている。しっかり目から笑うことでクマの印象は払拭できるからだ。笑う門には福来たる。クマもいつか退散してくれるだろう。それか表情の一部になって、味を醸し出してくれるはずだ。そうだ、クマを生かす方法、というのを考えてみよう。この発想が大切だと思った。