食事と髪の毛の関係について考えてみた

毎年梅雨の季節になると、髪型が決まらない日が増えます。元々キツめのくせ毛のせいで、毎朝自分の髪の毛と格闘するのに、梅雨時期はいつも以上に時間がかかってしまうのが悩みです。シャンプーやトリートメントを色々試してみるけれど、なかなか合うものが見つからずに困っています。口コミや新商品の案内をチェックして、毎回試しているのにうまくいかないことが多いです。

フッサ育毛剤

最近人から聞いた話ですが、ヘアケアも大切だけど、食事の内容を見直してみたら髪の毛の状態が良くなったということです。なんでもタンパク質・ビタミン・ミネラルや亜鉛をしっかり取り、脂分をとりすぎを防ぐのがポイントらしいです。タンパク質を合成して髪の毛を作るのに亜鉛が大切な役割を果たし、牡蠣や豚レバーに多く含まれるのだとか。大豆はタンパク質を多く含むので豆腐以外に豆料理を多めにして、卵も取るようにしてみました。

海藻は食物繊維とミネラルが豊富含まれるらしいです。色々調べていくうちに、私の大好物のトマトが頭皮の状態を整える役割をすることがわかってきました。トマトの中に含まれる「リコピン」が良い仕事をしてくれるそうです。

なんでも「リコピン」は加工や調理をしても成分が壊れにくいらしく、トマトジュースなどでも十分な摂取が可能。仕事で外出時に食事の時間が不規則になる時は、トマトジュースを積極的に取ろうと思いました。食事の改善はまだ始めたばかりですが、髪の毛に変化が出てくるのを楽しみにしているところです。