シミそばかすがチャームポイントになるのは昔の話

私は産まれた時から肌が白く、小さい頃は「ロシア人形みたいだね」と言われ、私の母、祖母、曽祖母も肌が白い上に、シミが少ない体質の家系でした。

ととのうみすとの効果

通常であれば羨ましいと思う環境ですが、小学校に上がるにつれ、女の子より男の子と遊ぶ方が多かった私にとって「肌が白いねー、綺麗ねー」と言われるのが逆にとても苦痛でした。それは中学生になっても変わらず、色が白いことでか弱い女性に見られることが苦痛なため、一切日焼け止めを使わず、また化粧水等も使用せず、時間があれば日に焼けようと必死でした。

しかし、元々肌が弱いため、日に当たったとしても火傷のようになるか、日に当たれば当たるほどシミそばかすだけが増えていきました。

シミそばかすに対して当時は全く抵抗がなく、むしろ自己のチャームポイントだとも思ってしまっていましたが、そんな私も大学生になり化粧をするようになった頃には、可愛らしいシミそばかすが、ただのシミに近いものになっていました。

20代前半にして頬に出来てる沢山のシミを何とか必死に化粧で誤魔化そうとしても、薄くなる程度でシミが消えることはありませんでした。そして現在、30代になり、余計にシミが目立つようになってしまい、色んな基礎化粧品を用いても改善することは難しく、私の切実な悩みでもあります。

今の私が過去の私に伝えたいことがあるとすれば、シミそばかすはチャームポイントではなく、肌が白いことがチャームポイントなため、産まれた時の自分を否定せずにもっと肌を想いやった行動をして欲しい、と伝えたいです。